読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hyip.com

FX-EA project

ビットコイン 急落 仮想通貨 最新 情報

   

bitcoin

今回は、かなり問題に挙げられている、ビットコインのハードフォークの問題です。



これは、初心者には、かなり難しいのでなるべくわかりやすく書いてみました。



ビットコインハードフォーク危機とは?


Bitcoin CoreとBitcoin Unlimitedの対立が起き、ハードフォークリスクに備え、


ユーザーの混乱を防ぐため、世界中の仮想通貨取引所19社が共同で緊急声明を出しました。




今回は、「BTC(XBT)」とBitcoin Unlimitedのコイン「BTU(XBU)」とを明確に区別するという内容です。


最近、大幅に下落の要因にこのハードフォークが関わっている可能性は大きいです。




ハードフォークとは?


そもそも、ハードフォークという言葉が聞きなれない方のために説明しておきます。


ハードフォークとは、該当暗号通貨のルールを変える際に旧ルールを無視し、


新ルールを新たに適用することで旧ルールの互換性が無くなる事です。


仮想通貨はブロックチェーンによって成り立っております。


ブロックチェーンは最初から連なる一つのデータの列なので仕様を変える際には


1.それら全ての仕様を変更し以前の仕様も使えるままにする方法(互換性あり)


2.新仕様を採用しそれまでの旧仕様は無視をする方法(互換性なし)


があります。


ハードフォークには対になるものがあり、「ソフトフォーク」なるものがあります。


1がソフトフォーク


2がハードフォーク


になります。


ハードフォークは完全に新仕様になるため旧仕様との互換性が無くなります。


なので一新することができるのですが旧仕様との互換性が無くなるために


期限までにアップデートをしないと旧仕様のまま取りに越されて行くことになるのです。


ソフトフォークは旧仕様との互換性があるので旧仕様を残したまま新仕様を利用することになります。




つまりです。


ビットコインでハードフォークが起こると、ビットコインは2つのチェーンに分離します。


Coreのクライアントを中心とした、1Mチェーン



アンリミテッドとのビッグブロックチェーン


で分離が起きてしまいます。


そして、上記で説明した通り、ハードフォークは「互換性がない」ので、


現在のビットコインは、2つのコインに分離してしまうということです。


ハードフォークの問題点とは?


このハードフォークがなぜ問題視されているのかというと、


これらの二つのコインが別々のものとして扱えるのかどうかという問題が生じます。


そして、この分離してしまうと以前別の仮想通貨で問題になった


ETH(イーサリアム)とETC(イーサリアムクラシック)のハードフォークの時に


リプレイ攻撃にあい、今回もこのリプレイ攻撃にあう可能性が高いです。






リプレイ攻撃とは?


リプレイ攻撃とは,ユーザーがログインするときにネットワークを流れるデータを盗聴してコピーし,


コピーしたデータを認証サーバーへ送ることでシステムへ不正にログインしようとする行為です。


リプレイ攻撃の防止策は?


このリプレイ攻撃に対して有効な防止策がなければ


ウォレット及び、取引所は2つのコインの識別が不可能になります。


つまり、片方だけを売ったり買ったり、別々に保管することなどが困難になります。


分離に対して取引所やウォレットが声明


つまり、問題がある以上、取引所やウォレットは分離は極めて危険であるという声明を出しました。


この防止策のソフトウェアが出来上がるまではアンリミテッドコインの分離は安全ではないと考え、


保有しているユーザーのコインを失いかねないので声明を出しているようです。





まとめ


・ハードフォークが起きると、リプレイ攻撃という問題が大きいので取引所、ウォレットが声明を上げた


・アンリミテッドは現状リプレイ攻撃の防止策はまだ対策されるかどうかは不明


・仮に、リプレイ攻撃防止されず分離した場合は、ビットコインの入出金自体が停止される可能性はある




最後までご覧頂きありがとうございます(^^;;

注意喚起として報告しました。